東海館(伊東市指定文化財 旧木造温泉旅館東海館)

東海館は伊東温泉を流れる松川河畔にある大正末期から昭和初期の温泉情緒をいまに残す木造三階建て温泉旅館群の一つです。昭和3年(1928)に創業、昭和13年頃(1938)、昭和24年頃(1949)に望楼の増築など、幾度かの増改築を行いながら旅館業を営んでいましたが、平成9年(1997)、70年近く続いた旅館の長い歴史に幕を下ろしました。
その後、伊東温泉情緒を残す街並みとしての保存要望もあり、所有者から建物が伊東市に寄贈されることになりました。
平成11年(1999)には、昭和初期の旅館建築の代表的な建造物として文化財的価値をもち、戦前からの温泉情緒を残す景観として保存し、後世に残す必要があるという理由から市の文化財に指定されました。
平成11年から平成13年にかけて保存改修工事が行われ、平成13年(2001)7月26日、伊東温泉観光・文化施設『東海館』として開館しました。

東海館の意匠デザイン

創業者の稲葉安太郎氏が材木店を営みながら、国内外の高級な木材を集めており、この旅館ではそれらの形や木目などの美しく質の良い木材などがたくさん使われています。
昭和13年頃に建築された部分では3人の棟梁を各階ごとに競作させたこともあり、廊下の飾り窓や階段の手すりの柱などにそれぞれ違った職人の技と凝った意匠を見ることができます。
他にも、玄関の豪快で力強い彫刻や書院障子の組木のデザイン、照明器具などもみどころです。

湯の花商店街伊東駅から東海館まで

伊東駅から東海館までの道のりは約一キロほど、伊東駅を背に南西の方角に向かっていけば良いのですが、一番わかりやすいのは駅前の大通り。
まっすぐに歩いていくと2つ目のおおきな交差点の先が大川橋、大川橋の上から左を見れば東海館の特徴的な方形の望楼が見えます。
東海館の望楼の先には油差しの形を模した旅館いなばの望楼が並び、そこだけが昭和の風情を漂わせています。
この道沿いにもいくつかのみどころがあるのですが、やはりお進めしたいのは大通りに平行して通っている湯の花商店街でしょうか。
さほど道幅の広くないこの商店街には様々なみどころが点在しています。
伊東観光協会の公式サイト内の『伊東のんびり散歩』でこの辺りの商店街の紹介がされていますのでぜひそちらをご覧になってください。

http://www.itospa.com/sanpo/