一年に一度しか見られない!大室山 山焼きレポート

一年に一度しか見られない!大室山 山焼きレポート

実に700年以上の歴史がある伝統行事「大室山山焼き」。

1年に1度完全に焼き払うことで、綺麗な大室山の景観を保っています。


そもそも「山焼きって何?」「いつやるの?」「実際どんな迫力なの?」という方のために、画像と動画付きで解説いたします!

そもそも大室山って? なんで山焼きするの?

大室山とは、お椀をふせたようなシルエットが特徴的な伊東のシンボルです。


標高は580m。リフトで山頂に向かうと、およそ1kmの噴火口が!

噴火口の中ではアーチェリーを楽しむことができます。


噴火口を散策するお鉢めぐりでは富士山、伊豆七島、相模灘などの素晴らしい眺望が楽しめます。


そもそも大室山を焼く理由は、主に3つあります。


・およそ700年の伝統を持つ「山焼き」の行事そのものを保存するため

・採草地の保全のため

・観光事業の発展のため



一年を通して伸びた雑草を焼き払うことで、春には新たな芽が出て、緑のきれいな大室山へと移り変わっていきます。

山焼き開始!まずはお鉢焼きから。

午前9:15より、まずはお鉢焼きが始まります。


お鉢焼きの様子は、山頂で見学することも可能ですが、

安全確保のため人員制限と遊歩道の規制が行われます。

続いて全山焼き

続いて、正午から全山焼きがはじまります。


大室山の山焼きは「伊豆に春を告げる伝統行事」としてはもちろん、観光イベントとしても人気の行事なので、毎年多くの観光客の方や地元の方が見に来ます。

※開始前は道路と駐車場が混むので、車で来る場合は早めに来ることをオススメします。



一般の方も、松明で山に火をつけることができます。(先着順・有料)

山肌に沿って火がのぼっていく様は圧巻です!



実際の山焼きの様子を動画でご覧いただけます!(動画元:大室山登山リフト)



山焼き終了

山焼き完了後の大室山は、こんなに真っ黒になります。



お鉢の中も同様です。



山焼きを終えた大室山は、春に向けて新たな草木が芽吹いていきます。

新緑の季節が楽しみですね   



以上、大室山山焼きレポートでした!

次年度の「大室山山焼き」実施予定日

実施予定日:2023年2月12日(日)

※ 毎年2月の第2日曜日が実施日として指定されていますが、当日の天候次第で延期になる場合があります。

  • HOME
  • 特集
  • 一年に一度しか見られない!大室山 山焼きレポート