伊東の名産とグルメ

湯どころ伊東の朝市 伊東の名産店リスト 伊東飲食業組合加盟店

伊東は、天城山系を背に、相模湾に向かってひらけた美しい自然の景観と豊かな山海の幸に恵まれた明るい温泉リゾート地です。
伊豆最大の漁港・伊東港をはじめ数々の漁港から朝夕新鮮な魚が水揚げされ、また、山の幸はミカン、ワサビ、しいたけなど、四季折々、山海の旬の味覚にあふれています。

 


伊東の郷土・名物料理のご紹介


伊東では、昔から旬の食材を活かした様々な郷土・名物料理が食卓にのぼってきましたが、さらに工夫を加えての新しい魅力あるメニューづくりが始まっています。
その取り組みの一端ですが、ご紹介します。

□まご茶漬け

ito-magocha-10

伊東で捕れた新鮮なアジのたたきを、ほかほかのご飯の上にのせ、醤油とおろし生姜を加え、熱々のお茶、またはお湯をかけて食します。
古くは漁師が船の上で食べていた伊東の郷土料理。

□箱寿司

ito-hokazushi-10

木で作られた箱に、伊東ならではの『海・山の幸』を豪華に詰め込んだ箱寿司。
木の香りが漂う1品です。特に魚の『おぼろ』は美味。伊東にお越しの際は、ぜひご賞味ください。

□ちんちん揚げ・おさかなコロッケ

ito-chinchinage-10

伊東の郷土料理で、地元で獲れたさばとイカをすり身にして、そこににんじん・玉ねぎ・しょうが・ごぼうなどの野菜と、みそ・各種調味料をいれて混ぜたものを油で揚げたものが「ちんちん揚げ」。

ito-osakana-croquette-10

この材料にさらに玉ねぎを加えてパン粉をつけて揚げたものが「おさかなコロッケ」となります。

ちんちん揚げの語源は、ちんちん揚げの材料を揚げる油が、鍋の中でちんちんと音がすることからと言われています。


伊東のひもの


ito-himono-20

伊東の市内を歩くと、店先で魚を干して販売している風景があちらこちらで見かけられますが、新鮮な魚が豊富に水揚げされる伊東ならではの「まちの風景」です。(詳しくは⇒


伊東のお菓子


ito-manjyu-10

伊東は、お菓子屋さんの数も多く、それぞれの店が素材にこだわり、創意工夫をこらして美味しいお菓子をつくりだしています。(詳しくは⇒


伊豆の香り・ぐり茶


ito-guricha-10

ぐり茶の製法は、生葉をじっくり時間をかけて蒸し、煎茶と違い茶葉の形を整える工程がないのが特徴で、葉は丸まった自然の姿に仕上がります。
この製法により、生葉を傷めず茶の成分が浸出しやすく、渋みを抑えて茶本来の味を引き出すことができます。
葉が丸まった「ぐりぐりとした見た目」から「ぐり茶」という名がついたとされています。


伊東のみかん


mikan151111-3

温暖な気候に恵まれた伊東の東海岸には、みかん園畑がたくさん広がっています。
みずみずしい伊東のみかんをぜひご賞味ください。
みかん狩りも楽しむことができます。(詳しくは⇒