Home > 伊東市ダイバーズ協議会 Archive

伊東市ダイバーズ協議会 Archive

2015年の夏もいよいよ始まります!

umi150610-5

今年も例年通り、オレンジビーチにお越しの皆様に快適に過ごしていただけるよ
う、6月10日に海底清掃を行いました。

umi150610-4

umi150610-2

これまで、10年近くオレンジビーチの海底清掃を行っていますが、
年々回収されるゴミの量は減っていて、今年回収されたゴミの量は120kg。
ちなみに昨年は約300kg、一昨年は約400kg。

umi150610-3

umi150610-1

海の中が、きれいになっていることがうかがえる結果となりました。

ちなみに伊東市内の海水の質はAA!
最高の水質だそうです!!

オレンジビーチのみならず、伊東市内のダイビングスポットも夏のシーズンinに
向け海底の清掃を行っていて準備万端です!

安心安全で、きれいな伊東の海にぜひ遊びに来てください!

海底清掃主催:伊東市観光課、伊東市ダイバーズ協議会
写真:富戸Dive空間 SAND.Y 冨樫 敬
文章:NatureTourShop inside 仲祐介

  • Comments (Close): 0
  • Trackbacks (Close): 0

夏に向け!

伊東市ダイバーズ協議会に所属するダイビングインストラクター約30名が集まり、
赤沢海岸にて『緊急時の対処訓練』が行われました。

diving140424-1

海での事故を無くすことが第1ですが、どんなに気をつけていても、
予期せぬハプニングなどが原因で事故が起きてしまうこともあります。

diving140424-2

万が一のアクシデントに備え、
いざというときに1秒でも早く救助できるよう、
警察、消防、海上保安部などの指導のもと
救助者の発見から救急に引き渡すまでのトレーニングを行い、
GWから始まるダイビングシーズン&海遊びシーズンに備え準備を整えました。

diving140424-3

ただ、どんなにトレーニングをしていても、事故の予防が第1。
われわれ、事業者が気をつけるのは当然のことですが、
海に遊びに出かける皆さんも、楽しい思い出を持ち帰ることの出来るよう
しっかり体調を整え、ルールを守って、伊東の海を楽しんでください!

夏はすぐそこ!!

ダイバー達の緊急対処訓練が行われました。

6月22日に伊豆海洋公園にて、ダイバー達の緊急対処訓練が行われました。

この訓練は、ダイバー達の安全への益々の配慮及び啓蒙活動、これから本格的に突入する海のシーズンに向け緊急時にどのように対処するべきかのトレーニングを目的とし、例年行われているもので、今回で17回目を迎えます。

  

訓練は伊東市ダイバーズ協議会に所属するダイビングショップインストラクター伊東警察署伊東消防本部下田海上保安部ダイビング器材メーカー、総勢40名での開催となりました。

例年は、緊急時における、ダイバーの救助作業、その後のケアをメインとして開催するのですが、今回は、3月に発生した東日本大震災による大津波の事もあり、伊東エリアに大津波警報が発令した際の対処をメインテーマとし開催されました。

   

実際に大きな地震が発生した際、水面&水中にいるダイバーにいかに素早く危険を告知出来るか、危険を察知したダイバーがどのように行動するべきか、避難場所や避難方法の確認など、大津波を想定した訓練を行うと共に、反省点や改善点なども話し合いました。また、警察、消防、海上保安庁からも、より安全に避難出来る為のアドバイスを頂きました。

  

伊東の海に訪れる皆様に、安全に楽しく海のレジャーを楽しんで頂くため、伊東市ダイバーズ協議会では、緊急時におけるガイドラインの作成や、日々トレーニングを行っております。

安心して伊東の海にお越し下さい。

画像:富戸Dive空間 SAND.Y 冨樫
文章:NatureTourShop  inside 仲

伊東オレンジビーチにて、海底清掃が行われました。

6月16日に伊東オレンジビーチにて、海底清掃が行われました。

この清掃は、例年、伊東市観光課伊東市ダイバーズ協議会により、オレンジビーチの海開きに向け、海水浴に訪れたお客様が綺麗な海で快適に楽しんで頂くため行われているもので、今年もあわせて18名が清掃にかかわりました!

    

例年行っている為か、水中のゴミは例年減ってますが、まだまだペットボトル、空き缶、ゴルフボール、エンビパイプ が落ちていたり、大物ですと、自転車なども落ちていていました。

また、3年前までは大量のアマモがこのビーチに生えていて、長くのびたアマモが海水浴の皆様の足に絡まる危険性の考慮、絡まって気持ち悪いとのご意見を頂いていたため、海底清掃にあわせて、アマモが枯れてしまわない程度の刈り取り作業を行っていました。
環境の変化なのか、魚達による食害なのか、確かな原因は不明なのですが年々アマモが減少しています。
豊かに育っていた、アマモが減少したのは残念な事なのですが、それでも、イワシヒラメと言った食卓に並ぶ身近な魚達、ダイバーに人気のウミウシ達やネコザメの赤ちゃんなど、多くの生き物達も観察出来ました。
(ネコザメはサメはサメでも危害をくわえる危険なサメではないのであしからず・・・)

  

今年も海開きまで、あと少し!
伊東の豊かな海を自然を、快適に存分にお楽しみください。

画像:富戸Dive空間 SAND.Y 冨樫
文章:NatureTourShop  inside 仲

Home > 伊東市ダイバーズ協議会 Archive

Search
Feeds
Meta

Return to page top