プロムナードアート

伊東温泉は「街」そのものが文学と芸術にあふれています。

いたる所にゆかりの文学碑や歌碑、レリーフ、地元彫刻家による彫像などがあり、温泉町にふさわしい「湯」のモニュメントなども点在しています。
古い温泉情緒を残した中に新しい文化・芸術が調和したアートな街でもあります。

「木下杢太郎文学碑」(湯川・伊東公園)

谷口吉郎工学博士の設計による五双と三双の二つの屏風型をした風格ある石碑に、杢太郎の「むかしの仲間」(すかんぽ)の詩が刻まれています。

mokutaro-kahi-1

「木下杢太郎歌碑」(オレンジビーチ)

この海岸で読まれた「海の入り日」が刻まれた歌碑です。

mokutaro-kahi-2

「市制30周年記念モニュメント」(なぎさ公園)

伊東在住彫刻家重岡建治さんの作品で、伊東市制30周年(1976年)を記念して建てられました。

nagisa17

nagisa9

  

nagisa4

「三浦按針・ウイリアムアダムスの胸像」(按針メモリアルパーク)

徳川家康の外交顧問・三浦按針ことイギリス人ウイリアム・アダムスが、ここで日本初の洋式帆船を建造したことを記念して建てられました。

nagisa19

「按針帆船モニュメント−サン・ブェナ・ヴェンツーラ号」(按針メモリアルパーク)

ウイリアム・アダムスが建造した洋式帆船2隻の内、120トンのサン・ブェナ・ヴェンツーラ号のモニュメントです。

 nagisa6

「お馬の湯」(湯の花通り)

菓子舗「石舟庵」の角にあります。

oumanoyu-2

「湯端の湯」(湯の花通り)

そば「壷ふじ」の隣りにあります。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

「市庁舎内アート」

近代的な造りの伊東市庁舎内には様々な芸術家によるアートが点在しています。これはもうひとつの美術館といってもよいでしょう。

shichousha-art-1